LIXIL

現在LIXILの集合住宅用のユニットバスは新型のBW(1点式)・BLW(2点式)シリーズと継続品番のBP(一点式)・BLCW(3点式)となっております。この価格帯では少ない、浴槽・洗い場分割式を使用しておりますので、狭い場所のリフォームには非常に有効です。

LIXILの賃貸向けユニットバスを選ぶメリット・デメリットをザックリ言うと

メリット

  • 分割されているので狭所でも搬入設置
  • 分割されているため壁の解体も少ないので費用が抑えられる
  • 1115サイズはLIXIL一択
  • 3点ユニット壁排水便器はLIXIL一択
  • 高さカット等自由度が高い
  • デメリット

  • 納期が約1カ月と長い
  • 価格が少し高い
  • LIXILユニットバス BLCW/BW/BLWシリーズの特徴

    LIXILユニットバスアクセントパネル
    選べる9色のアクセントパネル(オプション)
    選べる9色のアクセントパネルは浴室を彩ります。BWは洗い場側のみの選択も可能です。
    LIXILユニットバスBW低いまたぎ高さ
    450㎜のまたぎ高さ
    洗い場床と浴槽底面の高低差を低減し浴槽への出入りのしやすさに配慮したまたぎやすい浴槽となっております。また浴槽底面には滑りにくい凸凹パターンが付いています。
    LIXILユニットバスプレーンフロア
    幅の広いフランジ
    幅の広いフランジは入浴時の腰掛けになりますので高齢の方が一度浴槽に座ってから入る等、幅広い使い方が可能です。
    LIXILユニットバスプレーンフロア
    搬入経路の狭い場所でも運びやすい2分割構造

    LIXILのユニットバスBW/BLWの最大の特徴になります。床板が2分割出来る事により搬入経路が狭く、施工が難しかった狭小ワンルームの浴室リフォームに力を発揮します。壁を壊さず搬入が可能になる事で大幅なコストダウンが可能になる場合もございます。

    LIXILユニットバス工事パックラインナップ

    簡単なご質問・お問い合わせ 簡易的なご質問をご記入いただけます。

    タイトルとURLをコピーしました