浴室リフォーム専門店。3点ユニットバスの交換,タカラスタンダードユニットバス,パナソニックシャワー&パウダー,TOTOユニットバス, LIXILユニットバス

洗濯機パンの交換・増設

洗濯機置き場のない物件は検索から外されているという真実

洗濯機置き場がないお部屋に洗濯機パンを増設します

洗濯機置き場のない物件が不人気な理由

  1. 夜騒音が気になるため洗濯ができない。
  2. 外に出るのが寒くて(暑くて)億劫。
  3. 洗濯機が痛みやすい。
  4. 洗濯ものの盗難が心配
  5. 洗濯機が凍結すると使えない。

等の理由から洗濯機置き場がない物件は検索から除外されてしまい、そもそもユーザーの比較の対象にならない恐れがあります。
室内を綺麗にリフォームしたのに・駅が近いのに・近隣の物件は満室なのに・・・自分の物件だけ空き室が埋まらない場合、洗濯機置き場を増設する事により空き室率が改善が期待できます。

洗濯機パンを付けるメリットは?

洗濯パンは洗濯機を置くトレイの事ですが、これを使わずに、とりあえず洗濯機の排水のみを確保して室内に洗濯機パンを設置出来るようにする方法があります。この方法で実際に使われている物件も多いですが洗濯パンを設置するメリットはどの様なものでしょうか。

防水性に優れている

排水ホースの腐食や外れ等で漏水が起きた場合洗濯機パンが設置されていないと直ちに漏水につながりますので、特に階上のお部屋の場合は洗濯機パンの設置が必須と言えます。

https://twitter.com/Kray6138Sio/status/1017280109672214528

防臭性に優れている

洗濯機パンにはトラップと呼ばれる臭いが上がらない仕組みがついているので『部屋が下水の臭いがする』等のクレームの予防も兼ねています。

床の腐食防止になる

洗濯機の下の床はどうしても湿気が貯まりやすく、浴室についで腐食しやすい部分の上位に上げられます。洗濯パンを設置する事で床の腐食はかなり防ぐことが可能です。

見かけが綺麗

洗濯機パン設置のもう一つのメリットは、洗濯機パンが設置してある場合、排水の穴だけに比べて内見時の第一印象がとてもよくなりますのでメリットが多い工事と言えます。

洗濯機パンを設置するスペースはどこに?

現在のほとんどの洗濯機は640×640の洗濯機パンに設置出来ますのでワンルームタイプの場合このサイズがあれば十分でしょう。設置場所はキッチンの横やユニットバスの横等であれば排水、給水が露出配管になりにくくよいでしょう。設置スペースがない場合、場合によっては冷蔵庫スペースをリビングに移動する等の検討も必要となります。

洗濯機置き場を作る費用

いままで洗濯機置き場がない部屋に洗濯機パンを設置する場合、電源工事と給排水工事が必要となります。一般的な商品代金と工事費用の見積は以下の様になります。

一般的な洗濯パン増設費用
洗濯機パン本体  17,200円
洗濯機パン一式 16,200円
洗濯機用水栓  12,800円
電源工事    21,600円
給排水工事   86,400円
諸経費     16,200円

———————————————————-

合計     170,400円

シナネンベストレイUSBS-6464
浴室リフォームPRO 洗濯パン増設工事パック 洗濯機置きパン(シナネンベストレイ)、TOTO緊急時自動止水付き洗濯機水栓、電気工事費、給排水工事費、諸経費 詳細お見積りはこちらをクリック

詳しいお見積りはお見積りフォームよりお問合せください。 TEL 0120-704-001 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

浴室リフォーム事例・コラム

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.