『ワンルームの3点式ユニットバスを浴室とトイレに完全に分離できますか?』

今日はお問合せをよく頂く、ワンルームの3点ユニットバスを『浴室』と『トイレ』に完全分離できるか?というテーマについて書いてみたいと思います。

ワンルームの3点ユニットを浴室のみにしてトイレ部分だけを他の部分へ移動を検討されている場合

結論から申し上げますと、不可能に近い工事です。トイレ部分の新設には1m程度余分なスペースが必要となりますが、ワンルームの場合押入れ等の収納部分を犠牲にしたとしても、リビング側にかなり出てしまいます。また、収納がないというのも現実的ではないと思います。仮にスペース的な物がクリアできたとしても、100万以上の費用が掛かりますので、ワンルームの家賃から考えるとおすすめの方法とは言えません。

トイレユニットとシャワーユニットの2台を設置してトイレ部分とシャワールームを完全に切り離す場合

考えられるパターンとしてはトイレユニットとシャワーユニットの2台を設置してトイレ部分とシャワールームを完全に切り離すものがありますが、このパターンでも問題が多いので注意が必要です。
まず、今まで1枚だった扉が2枚になるわけですから、分電盤やミニキッチンに当たる可能性があります。
また、RCでワンルームの場合はかなりの確率でユニットバスとトイレの部分に『梁』が絡んできますので梁加工の制限されるトイレユニットは、この時点でアウトになる場合があります。
木造APでユニットの上部にロフトがある場合もロフトを支える柱があるため99.9%ムリです。。
この条件をクリアした場合でもザックリ90万程度の費用となりますので現実的ではないのかと思います。

ユニットバスをシャワーとトイレに分離

3点ユニットをトイレとシャワーに分ける

総合すると、3点ユニットバスを完全分離出来る条件は・・・

・ある程度の広さが取れる事(長辺で2.4m以上)
・もしくは現状が1620サイズなどの大きな3点ユニット
・梁型が絡まない事
・木造APではない事
・ユニット上部にロフトがない事
・内装を含めると100万程度の予算が組める事

となります。

上記の理由からワンルームで浴室とトイレを完全に分離する事はかなりハードルが高い工事になりますのでワンルームの浴室分離には
パナソニックAWEシャワーアンドパウダーをおすすめしています。

パナソニックシャワー&パウダー